湘 南 く い だ お れ ー

+++日々の Cream of the Crop を探して+++

カテゴリ: お取り寄せグルメ

vegiko lunch and sweets移動販売Vegiko(ベジコ)
月曜:中目黒、
火曜:横浜ビジネスパーク、
水曜:横浜元町配達、
木曜:湘南エリア配達
連絡先:
info@vegiko.com, Twitter:vegikoo
★先日、夕飯のお惣菜をお願いした【Vegiko(ベジコ)さんに、いよいよ本来のサービス(笑)、「無添加ランチボックス」のデリバリーをお願いしました。ぜひぜひ食べてみたーい!とおしゃっていた歌手奥様、火星奥様とわが家でベジコランチです(・∀・)♪
続きを読む

lechantier-4★定期購読している「エル・ア・ターブル」を読んでいたら、本誌フードバトルでグランドチャンピオンになったパティシェさんの30分で作る、パリの夏スイーツが紹介されていて、どれもおいしそう♪ しかも湘南でお菓子作りをされているだそうで、速攻でその方のネットショプ【ル・シャンティエ】を見てみました。すると、なんと茅ヶ崎在住の久米幸絵さんという方。ケーキやサブレがおいしそうで、10秒後には、焼き菓子をオーダーしていました(・∀・)続きを読む

cilantrotruck-marketのミユキさん、タイ料理の食材が安いお店から、共同購入するというので、わたくしも便乗させていただきました(・∀・) 食材のほか、新鮮な野菜なども扱っているお店だそうで、こんなにFresh and Lovelyなパクチーも一緒にお取り寄せ♪ 一気に食べまくりました、これでデトックスも…続きを読む

kanayahotel★夏休みに帰省した折、宇都宮駅のお土産屋さんで見つけた、日光・金谷ホテル「百年ライスカレー」試しに「ビーフカレー」を買ってみたらなかなかおいしかった。 でも百年ってなんでしょう(?__?)と思ったら、ホテルの石の蔵の中から見つかった昔のレシピをもとにして作ったカレーなのだそうです。石の蔵って(笑) 先日、横浜そごうの【アナスタシア】に行ったとき、デパチカをうろうろしていたら、催事に来ていた「金谷ホテルベーカリー」を発見。またまた「百年カレー」と遭遇したので・・・続きを読む

miuravegi★家で食べる野菜の多くは、寒川の【わいわい市】で調達しているのですが、【わいわい市】にはめったに出ない珍しい葉物野菜などが【クックアンドダイン】「三浦半島朝採り野菜」に出ていたので、お取り寄せしてみました。
それがこのセット←…

(※このセットは6月一週目のものなので、いまは内容が変わっています)
続きを読む

acquolina アクオリーナ・ジェラテリア HP ※現在休業中。
★またまた冷たいスイーツつながりです♪ 「手作りのイタリアン・ジェラートをネット販売している方がいるらしい」・・・とのウワサを聞き、そのうちお願いしてみよう・・・と思いつつ、1月ごろ詳細を調べると、シェフは平塚の方。ところがオーダーをお願いしようとすると、当のネットショップ【アクオリーナ・ジェラテリア】は、まもなく販売終了!?とのこと。というのも・・・
続きを読む

aus LIEBE
aus LIEBE 藤沢市片瀬山4-11-2 :0466-61-3596 OPEN 10:00〜18:00 水曜休。
ぐるぐるakkoさんや、こるぶろぐさんのエントリーを見ては、一度たべてみたーい、ハァハァ・・・と思っていた片瀬山のドイツ菓子の店【アウスリーベ】のお菓子を、ご近所マダムのMASAKOさんにいただきました♪ えへへ、うれしーい(・∀・)
続きを読む

Mikan
★先月、仕事場にいろいろ届いていた「お歳暮コーナー」を物色したら、みかんの箱を発見。中を覗いてみると、なんと! 一個一個がオレンジの紙に包まれていて、しかも葉っぱがついていてびっくり! そっと三個だけいただいて食べて見たら・・・続きを読む

soyoteigohan ★今回二泊した【送陽邸】の食事は、朝食夕食とも海に面したというか、大海原につきだしたように作られた杉板張りの吹き抜けの広ーーいデッキで、いただきました♪ 眼下はウミガメが産卵に来る白い砂浜「永田いなか浜」と、白波が立つ東シナ海という絶景のロケーションで、この景色もおいしさのうち・・・(・∀・)続きを読む

saikotei
西光亭 松屋銀座B1フードステージ内 OPEN 10:00〜20:00 6、7月は無休。
【松屋銀座地下のGINZAフードステージに行く度に、ずーーーっと気になっていたこの「リス」。ついに夢にまで出てくるようになったので(・・・ちょっとウソ)、ついについに手を出してしまいました♪その正体は・・・
続きを読む

ichigojam遠藤園芸 厚木市酒井1007 基本的に無休。お店の方がいない場合は無人販売所に。いちごの販売は、5月ぐらいまで。
★素晴らしくおいしい厚木の【遠藤園芸】直売いちご先日行ったら、もう500〜600円のツブの揃った大きなサイズのものはなくなり、代わりに150円から350円までの、小ぶりいちごのパックがいっぱいありました。もうそろそろ・・・
続きを読む

uzuraya
うづらや 石川県能美市上開発町二1-2  :0761-51-2835
★おいしい・いただきもののエントリーが、遅れ気味。ご紹介したいものがいっぱいあるので、ぼちぼちとさせていただきます♪そしてこれは、まきさん♪うみいぬ・やまいぬ からいただいた【うづらや】『ほろほろスコーン』。・・・
続きを読む

GIULIANOアトリエCAKE OF GIULIANO 平塚市豊原町21-13 NCハイツ1F :0463-35-1311 OPEN 11:00〜18:00 日・月・第3土曜日休。(※ケータリングなどで臨時休業もあり)
★去年『いちにちいちぱん』のhiroさん「平塚粉モノツアー」をしたとき、偶然、見つけたケーキショップ【アトリエCAKE OF GIULIANO】。お店の体勢を少し変えたのか(?)・・・
続きを読む

hatanotonzuke
波多野商店 本厚木駅前店 厚木市中町2丁目3-6(東京三菱UFJ銀行隣) : 046-221-0225 OPEN 10:00〜18:00 日曜休。
いちごツアーの前に、せっかく厚木まで来たのだからと、久々に本厚木駅前【波多野商店】へ。コチラは厚木(というか相模エリア)名物の「とん漬」の専門店。数年前、当地ご出身のキョンキョンが・・・続きを読む

kani2takuさん@湘南番外地♪が、大量お取り寄せした兵庫県柴山港「セイコカニ」を譲っていただき、初セイコをいただき〜〜♪ セイコカニとは、スワイガニの雌だそうで、ボディは小さいものの、お腹に抱いている卵・外子と卵巣・内子は、相当の美味と聞いていたので、期待は膨らむばかり。セイコカニという呼び名のほか、地方によって、勢子カニ、コッペカニ、香箱カニなどと呼ばれているそう。漁の期間も2ヶ月と短く、雄のズワイガニに比べて安いものの、ズワイよりも好き♪という方もいるらしい。それにしても、正面から見ると、カニって、相当エイリアン顔ですな(笑)続きを読む

boissierboissier2【銀座三越】に寄ったら、フロアにお歳暮カタログが置いてあった。南天のイラストの表紙がかわいかったので、つい手に取る。そういえばお歳暮カタログ持って、お歳暮センターで注文したのってすでに遥か昔だな・・・などど思いつつ、ぱらぱらめくっていると、カタログ以外の記事のページがセンスよくできていて、さらに特選商品情報がためになるので、じっくり読んでしまう。中でもコレが届くと、家の中が明るくなった(笑)金色グリッターな「三越かに缶詰」カニカンって、明治時代からあるそうです。自分では買ったことも無いけど、ふとい脚だけ入っている「特選一番脚肉たらばがに」は9000円!(@_@;) ひゅ〜〜。ま、そんな感じで見ていくと・・・続きを読む

fukuya★朝、9時前に携帯がなった。こんな時間にかかる電話はほとんどないので、出ないで番号を見ると、見たこともない固定電話の番号。ワン切りか、何かの勧誘かと思って放置しておいたら、また10分後に電話がなり、今度は留守電にメッセージが。
「○○小学校のRちゃんの担任の○○です。Rちゃんが今朝学校に来ないので、お電話しました。お休みならば、その旨、学校のほうへ・・・」うわ、思いっきり間違い電話だ。ったく母親、休むんなら電話くらいしろよ〜と、そのときはさほど気にもしなかったけど、さらに一時間後、また○○先生から留守電にメッセージ。「先ほどもお電話しましたが、まだご連絡が無いのでお電話しました。これを聴いたらすぐに・・・」ここまでくると、さすがにこの”事件”に、自分が巻き込まれているような気がしてきて、あわててしまった。
続きを読む

ikkaku骨付鳥専門店 一鶴 横浜西口店 横浜市西区南幸2-15-1 TINOビル6F :045-317-1708 OPEN 月〜金 17:00〜24:00、土11:00〜24:00、11:00〜23:00  無休
★昨年暮れに、lotusbleuさん古いブログのほうで紹介していたのを見て「いますぐ、かじりつきたい!」と思ってからはや10ヶ月(笑) やっとガブッ!!といけました、骨付き鳥創業54年、四国・丸亀の【骨付鳥専門店 一鶴】横浜支店です。一見するとクリスマスに食べるローストチキンとどこが違うの!?という感じですが、相当違います。鶏自体が、まずおいしい地鶏だし、焼き方も独特。かなり強い火でこんがりと焼いてあって、たれがスパイシー。そしてここには2枚看板メニュー「おやどり」と「ひなどり」があり、かなり成熟したマチュアな(笑)鶏であろう「おやどり」は歯ごたえ十分で、いってみれば食べにくい(笑)。固いです♪でも、リピートしているツウの方々は・・・
続きを読む

pyon2pyon22 盛岡冷麺の店ぴょんぴょん舎銀座百番 中央区銀座4丁目4-1 :03-3564-1963 OPEN 11:00〜23:00 無休。
★激空腹で時計を見ると、もう4時。完璧にランチタイムを逃したけど、なにか食べねばと、この時間でも開いてる店のデータを、頭の中のハードディスクで検索。隣のデスクの美人同僚TOMOちゃんも、アイム・ハングリーな険しい表情。おお、そうだ、まだ未訪の店【盛岡冷麺の店・ぴょんぴょん舎銀座百番】(ながっ!)に行こうとお誘いすると、行く!行く!とのことでしたので、二人でテクテクと松屋通り・・・。
続きを読む

romiunieromiunie2






■ロミ・ユニ コンフィチュール 鎌倉市扇ガ谷1-13-1 筺0467-61-3033 OPEN 10:00-18:00 無休
夏らしいフルーティなジャムが欲しいと思って【ロミ・ユニ コンフィチュール】で3種類のジャムを購入。Matinee(マティネ・700円)と、Tropique(パイナップル&マンゴー・650円)と、Tempo(マンゴーとオレンジ・650円)の3本です。いちばん気に入ったのは、ピンクグレープフルーツに蜂蜜&黒胡椒入りという『マティネ』!胡椒入りのジャムとは、最近急激に気になっていて、ユーミンが雑誌で”お気に入り”として紹介していたんですよね。それは・・・
続きを読む

akegarashi★ここのところ、いただきもので食生活が充実中。meshiさん@めし日記♪からは、お手製セミドライトマトのほかに『あけがらし』という、なんとも怪しい(笑)ブツをいただきました。初めて見るアイテムです。ラベルにはたんまり説明文が入っていて、それも「醤油屋の隠れ味」とか「家族だけが食べていた秘味」とか「不思議な調味料」とか、マル秘感たっぷり♪ 早速いただいてみると、うーん、味噌でもないし、塩辛でもないし、ちょっと比べるものがありません。製造元は創業寛政元年【山一醤油製造所】
原料は、醤油と糀、三温糖、和辛子、麻の実。門外不出の製法で調合して発酵、熟成させ、その後煎った麻の実を混ぜるんだそう。全くの自然食品ですね。そのままごはんに乗せて食べるもよし、塩辛のように酒のつまみにするのもよし・・・
続きを読む

miyanomochimiyanomochi2 ■本舗 池田屋 宇都宮市大通り5丁目1-15 :028-622-6552(※『宮乃餅』は土産物店、KIOSK、デパチカなどでも購入できます)
★たぶん15年ぶりぐらいに食べた『宮乃餅』。栃木県では有名なお土産。あまりにもポピュラーなので、子供の頃はお客様が手土産に持ってきても「ええーっ、宮乃餅(がっかり・・・)」みたいなポジション。なので帰省しても買うことはなかった。最近なら宇都宮の餃子のほうがお約束だし、お菓子なら【うさぎや】の『チャット』や【那須トラピスト修道院】『トラピストガレット』が喜ばれる。
でも懐かしい味が、急に食べたくなる瞬間って、突然やってくる。そのきっかけは・・・
続きを読む

kamatakamata2 ★毎月一回、男性の料理好きさんが参加している辻堂の【鎌田クッキングスタジオ】「男の料理教室」。私も時々、出来上がりを食べさせていただく試食役(っていうか飲んで、食べるだけ)で行かせていただいております。
←↑写真をクリック!
(前回、前々回の様子はtakakodeliさんのブログのコチラコチラ7月のレッスンメニューは、上海風と四川風の2種類のチャーシューでした♪
さらに今回は、鎌田さんのご主人が奥様のバースディプレセントに購入されたというおnewの「ジロール」が登場して、わたくし大興奮(^◇^) 以前、私が「おいしいんですよ!」とお薦めしていたシロモノ。なんとラッキーな! 「ジロール」とは・・・
続きを読む

ShiratamayaShiratamaya2 ■白玉屋新三郎@ 東急東横店東急フードショー内”ジス・ウィーク” 催事期間:6月14日〜28日まで。
★渋谷で仕事を終え、イソイソと東急東横へ。お目当てはおいしい白玉の店【白玉屋新三郎】期間限定出展。熊本で350年間 白玉ひとすじという老舗です。シラタマニアとしては、行かないわけにはいかない。イートインも併設しているので、まず席に座ってメニューをチェック。「白玉彩々」(945円)という、ヴァニラと抹茶のアイスが乗ったやつにするか、またはシンプルな「クリームあんみつ白玉」(735円)にするか・・・迷った後、後者に(^◇^)
続きを読む

yamadaya2■山田屋 西麻布店 港区西麻布1-4-9 :03-3497-1538 OPEN 10:00〜17:00  日曜・祝日休
★時々食べたくなるプチサイズのおまんじゅう【山田屋まんじゅう】。たくさんのデパ地下で販売しているので、よく見かけるもの。本店は、愛媛県の宇和西麻布店は、愛媛以外の唯一の支店です。130年以上も作り続けられているこのおまんじゅうを知ったのは、意外なきっかけ。実は友達が【山田屋】の若旦那に見初められ、結婚したことから。見初められ、とか書くと江戸時代みたいですが、素敵な恋愛をして、こっちからお嫁入りしたんですけどね。女子高育ちの、おっとりした
お嬢さんで、老舗の大店の、おかみさん役なんて大丈夫?と心配してたけど・・・続きを読む

このページのトップヘ