gigashot ★ムスメが産まれたころに、8ミリビデオムービーを買い、それこそ、寝ているだけのアカンボとか、毎日のようにビデオ撮影していたのに、そのカメラが壊れてからの数年、ビデオカメラとは縁がなかった我が家。ライブドアでフルハイビジョンムービーカメラのモニター募集!という記事を見つけ、早速応募。めでたく、東芝フルハイビジョンムービーカメラgigashot A40Fのユーザーの仲間入りをさせていただきました♪ (・∀・) まずは、東芝本社で行われた体験イベントに参加し、gigashotA40Fについて、いろいろ教えてもらいました。
gigashot2・・・体験イベントで、まず驚いたのが、gigashot A40Fフルハイビジョン映像のリアルで美しいこと! 髪の毛の一本一本やシワ(笑)までも、美しく撮影する感じです。もちろんHDD内臓カメラなので、記録メディアは不要。当たり前ですが(^▽^;) 開発の裏話なども聞け、興味深いイベントで下が、中でも東芝の方が強調されていたのは、レンズ。gigashot A40Fには「フジノンレンズ」という広角レンズを採用しているそうで、通常のレンズよりも左右を広く撮影するので、幅広く撮りたい自然の風景や運動会などの子供のイベントなども、広々とした構図で撮影できるのが嬉しい感じ。
それにこのビデオカメラ、すごく軽いです。昔、我が家にあったものとは、格段の軽さ。質問すると、現在の同系統のムービーカメラの中では、2番目に軽い、そう♪ そしてなぜかリカちゃんがイメージキャラになっているので、そこも質問してみたら、いま30代のリカちゃん遊びで育った、ママ世代をターゲットにしたカメラだから、とか。そのあたりも軽さや、使い勝手のシンプルさのわけなのだろうと感じました。
gigashot4gigashot3gigashot5








使い始めてコレハイイ! と感じたのは、起動の速さ。スタンバイモードにして液晶モニターを開けると、またたく間に撮影OKになるので、今だ!というときに、すぐ録画モードに入れて、めちゃ便利。さらに言えば、液晶モニターのついているムービーカメラは初めて持ったので(笑)、プチ感激。比較対象が古いビデオカメラで恐縮ですが、うーん、画像のクオリティといい、使い勝手の良さといい、10年でものすごく進化しているのですね〜〜。
さらに使いやすさをアップさせているのは、「オートボタン」という機能。このボタンを押しておくと、ズームキーRECボタンが青く点灯するので、ここを使いなさいと、教えてくれます。ビギナー大喜び(・∀・)/ さて、このフルハイビジョンムービーカメラgigashot A40Fで、何を撮ろうか、残そうか!? 次回は撮影した映像を、ブログにアップできるよう、がんばってみたいと思います♪