yana
矢沢のヤナ 那須烏山市滝田1078-2 :0287-84-1187 OPEN 10:30〜18:00(冬季は休業) 駐車場有。
栃木の実家にプチ帰省中、ムスメが「鮎の塩焼きを食べたい」と言うので、那珂川べりにある【矢沢のヤナ】へ。ヤナ(簗)とは・・・
yana2yana3yana4yana5






川の流れをせき止めて鮎などの川魚を獲る漁法で、那珂川沿いに多くのヤナがありますが、ここは県内最大のヤナとか。急流につかまった鮎などが、竹のすのこ状のところでじゃんじゃん揚がってきます。お子様は食べるより、鮎をつかみ取りするのが楽しいかも。ただし、ここで獲った鮎は「すのこ」に入れるのが決まりです。青竹のヤナは毎年新しく作られます。期間は7月から11月ぐらいまで。青竹の下はきれいな水が流れ、座っていると涼しい♪ 特に夕方は気持ちいいです。最高の夕涼み!!
yana6yana11【矢沢のヤナ】は、鮎料理のレストランもかねており、川を望む外のテーブルなどでいろいろな鮎料理が楽しめます。または塩焼きだけ食べたいといえば、1本300円のお持ち帰り値段で、焼きたての塩焼きにかぶりつくこともできます(・∀・) ムスメや双子の甥と姪もすぐにかぶりつき♪
子供のころ、祖父や父が「鮎釣り船」を持っているほど鮎釣り好きで、一度に100匹ぐらい獲れることもあり、ご飯のおかずに毎日鮎が食卓に上がったので、そのせいか、私はいまいち川魚は苦手(^▽^;) ・・・雰囲気だけ楽しみました。
ヤナには鮎のほか、うなぎ、鯉、ナマズなどもあがるそうで、秋には鮭、カワガニなども。ムスメも体が虹色のマス?のような魚をつかみ取りしていました。でも昔に比べると、鮎のサイズはさほど大きくなくなり、摂れる量も年々減っているそうです。

yanakidsyanakids2yana9yana10
 ↑コドモたちは、三時の おやつ?に「鮎の塩焼き」食べ中。店主さんに、お土産にとビン詰めの「鮎うるか」をいただきました〜〜♪うるかとは、鮎の内臓を丁寧に水洗いし塩漬けした珍味。かぼすやレモンを少々たらしていただくと、最高〜〜〜の酒肴です(・∀・)