Home Sweet Home Made
Home Sweet Home Made(ホームスィートホームメイド) 茅ヶ崎市東海岸南1-17-18(市民野球場そば) :0467-27-1890
新しい家に引っ越したLunitaさんのお宅におじゃましたとき「新しい雑貨屋さんに行きましょう」と、お誘いしたところ、すでにLunitaさんは、当のお店でカゴなどをお買い上げ(笑)早っ! 早速、一緒に伺いました。市民球場のそばにオープンしたセレクト雑貨ショップ【Home Sweet Home Made】です。

Home Sweet Home Made2Home Sweet Home Made3Home Sweet Home Made5Home Sweet Home Made6






チョコレートブラウンの建物は、ご自宅兼モデルハウス兼雑貨ショップだそうで、一階がショップ。お店に入ると、うつわにカゴ、木製のキッチンアイテムに、クロス製品、南部鉄、吹きガラスなどが。 形も素材もさまざまなものですけど、統一感が感じられるのは、全て、人の手で作られたハンドクラフトだから、でしょうか。最初に買い物ゴコロがそわそわしたのが、刺し子のアイテム。刺し子といえば藍色の生地に白い糸、というのが伝統ですけど、こちらものは、布の素材も、色合いもモダンで、スタイリッシュな刺し子です。
Home Sweet Home Made9Home Sweet Home Made10Home Sweet Home Made7Home Sweet Home Made8






お聞きすると、この店のオーナーの石川眞由美さんは、布もの作家だそうで、この刺し子商品は、全て石川さん自ら、チクチクしたものだとお聞きし、感激。正方形のクロスと、鍋つかみを買いました。厚みがあるので、鍋敷きにも使えそう。
お店には、石川さんの著作『世界一かっこいい男の子の服』も。女の子用の手作り服の本、はけっこうあるけど、男の子専用は珍しいですね。ページをめくると、「シャツ」や「パンツ」などのベーシックなアイテムの、かっこいいデザインがいっぱい。ひらひらビラビラが苦手な女の子にも、十分似合いそうな服だと思いました。
お店に、いい感じに焼けて古ぼけたアンティークの「ブレッドボード」があったので、色めき立って「これはおいくらですか?」とお聞きすると、それらは売り物ではなく、しかもアンティークでもなく、石川さんのご主人が、昔作ったものだそう。ご主人のお仕事はホームビルダーさんですが、こういうもの趣味で作っていたのだそう。これは一見の価値アリなので、ぜひお店で見てください♪。


■普段着としてのきものを提案する雑誌『七緒』のvol.8で、石川さんの刺し子作品が紹介されています。

Home Sweet Home Made