okara4★先日エントリーした藤沢の【久昇支店】名物・おから煮を持ち帰りましたので、早速家でそのコンテンツを調査。おいしさのヒミツを探ってみました(^◇^) 肉眼と口当たりで確認できるのは、干し桜海老と大量に入ってる小口切りのねぎですが、分解してみると、そこには、かなり小さく刻まれたタコ、またはイカげそがあった!(^◇^) そっか、イカ・タコからでる旨みが、このおから煮のDEEPな味わいになってたのね、と思わずポンと、ひざを打つ(笑) 早速自己流ですが、久昇風おから煮を作ってみました。
okara2■材料■
・おから 250g
・茹でダコ 細かく刻む 一パック分
・長ネギ 小口切り 一本分(多い方がお好みなら2本)
・干し桜海老 一袋
・にんじん 2センチぐらいの千切り 半本分

・水 2カップ ・しょうゆ 大さじ 3〜4 
・砂糖 大さじ 6 ・酒 大さじ 4
・塩 小さじ 半量 ・サラダ油 大さじ 3

■作り方■
‘蕕縫汽薀戚を熱し、長ネギとにんじんを炒め、色が変わってきたら茹でダコを加える。
↓,虜猯舛北がなじみ、混ざってきたら、桜海老、おからを加える。
△凌緤がとんで、全体がふんわりしてきたら(左の写真)、分量の水、しょうゆ、砂糖、酒、塩を加え、全体をかき混ぜながら、15分ぐらい煮る。
そ禅いなくなってきたら、味をみて、しょうゆを足して香りをつけて完成。

作ってみた感想は、やはり久昇のおから煮よりも、おからの分量が多かった。炒めるときは、おからと具が1対1でしたけど、やっぱ水を吸って、おからはふえるのでした(^_^;) なので、ネギの歯ごたえをめいっぱい欲しいなら、2本入れたほうがいいかも。またはおからの量を150gくらいに減らしたほうが、より【久昇】風になるはず〜。とにかくおからが250gもあると、大量にできてしまうので、150gぐらいで作るのが良さそうですね。これはタコで作りましたが、イカげそでも、おいしく作れそうです♪