piscariapiscaria2■シチリア料理 Piscaria 葉山町堀内918-20 :046-802-8388 OPEN 12:00〜14:00、18:00〜21:00 月曜・第一・三火曜休 駐車場4台。
★去年【エル・マンボ】の店主さんから「もうすぐ葉山にいい店ができるんですよ。シチリア料理の店です」とお聞きし、すぐに行けるかと思ったら「建物も一から作ってるので、オープンは3月か4月かな」とのこと。その長らく待っていた噂のレストラン【ピスカリア】に行ってきました「湘南国際村じゃらん」さんがすでに記事をUPされていたので、予習もばっちり(笑) そしてご近所Bloggerの・・・
piscaria3piscaria5Lunita&TOTO夫妻がツアーを組んでくれ、一行6人で葉山へGO。お店は【げんべい】【永楽屋】のちょうど中間くらいにあり、ウッディな外観がひときわ目立つ。期待が高まります(・∀・)
シチリア料理と銘打っているのは、素材としてのシーフードにこだわりを持っているイタリアンだから。店に入るとすぐ冷蔵のガラスケースがあり、カラフルな日替わりのアンティパスティと、地元や沼津から直送の魚がずらり。メインディッシュになる魚は、好きなものを選び、好きな調理法で仕上げてくれます。ランチは平日、週末問わず、1890円〜のコースになっており、アンティパスティ6皿、パスタにパンと飲み物。メインやデザートは別料金です。
ミモザカクテルやアーティチョークのリキュールという「チナール」などの食前酒を飲んでいると、小皿に入った冷たいアンティパスティ、タコのサラダやアジのマリネ風、ラタトゥイユなどが運ばれ、一同うわー♪ 続いて暖かい前菜、コイカのフリットも。このラインアップで、こちらはこの小皿前菜に力を入れていることがわかります。
piscaria4piscaria6piscaria7そしてパスタ。6種類の中から絶対食べたかった「桜海老と菜の花のパスタ」と「ウニとトマトのパスタ」、「駿河湾の有頭赤えびとフレッシュトマトのフジッリ」を注文し、みんなでシェア。ウニも桜えびも、フレッシュで潮の香りがムンムンで、顔がユルむうまさ。しあわせ〜〜。そしてメインは、イサキを「ぺッシェ アクア ディ マーレ」にしてもらう。丸ごとの魚をアサリ、オリーブ、ケッパー、トマトで煮込んだアクアパッツァです。白身がふわふわで甘みがあって、これもゴクうまー(・∀・) です。
piscaria8piscaria9店内はやはり木材をふんだんに使っていて、インテリアも淡い色でまとめられているので、明るく、すっきりした空間。とても落ち着きます。窓の外は芝生のお庭ですが、隣家のものだそうで、なかなか素敵な借景。明るい日差しがこんこんと差し込みます。そしてシメのデザートは、じゃらん堂さん一押しの「カンノーロ」。揚げたコルネ状のパイ生地の中に、リコッタチーズで作るクリームを巻いたシチリアのドルチェ。パリパリのパイ生地と甘みと酸味が利いたクリームのハーモニーです。お友達が食べていた「トルタショコラータ」も、一口もらったら、これもイケました♪ 食後酒に、レモンチェロならぬ自家製「ゆずチェロ」など気になるドリンクもありました。これは次回に!
piscaria10なお、こちらの建物の施工を担当した「きらくなたてものや」さんが葉山芸術祭のイベントとして、この店の二階で「風土と伝統が作る心地よい暮らし〜住と食の世界〜」の展示を行うそう。これも興味深々です(^◇^)。そして満腹状態で店を出た一行、これからまだまだウマーもの探しで、一日葉山をウロウロします♪(続く)

ピスカリア