kappakappa2■季節料理 河童 茅ケ崎市東海岸南4-2-37 :0467-86-0158 昼の部11:30〜14:30 夜の部17:00〜22:00 予約がある限り無休 人数は2〜12名位まで 駐車場有
★いきなりグロテスクな画像でスミマセン・・・。 【季節料理 河童】でいただいた鮟鱇(あんこう)です。ずっと再訪したかったこの伝説の店(笑)、やっと予約が取れました。以前の記事にも書いたとおり、この店は昼夜各一組ずつしか入れない、メニュー一切無しの店。出てくるお料理は、その日に茅ヶ崎の網元で揚がった近海ものの魚と、旬の野菜を材料にしたもの・・・。つまりラッキーなことに・・・

kappa3kappa4私たちが行った日に、茅ヶ崎にたまたまa揚がったあんこう【河童】のお母さんが網元で買い付け、「食べる前に写真を撮りなさい」と(^^;)言うのでした。 写真とってたら、いきなりぐわーっと口を開けたよ(左の写真)こわ・・・。それにしてもでかい口(笑)  あんこうって茨城のほうでしか食べたことがなかったので、まさか茅ヶ崎でもとれるとは思わなかったけど、割と広い範囲で取れる魚だそう。でも茅ヶ崎に揚がるのは通常3月、4月の春先。1月の揚がるのは珍しい。とってもラッキー(^◇^) そのあんこうちゃんをさばき、まず生で刺身と肝を食べさせてくれた。イキがいいから生でもOK。刺身はほとんど脂がなく、さっぱりと甘いピンクの身。生涯初の生あん肝は・・・うーん、血っぽくないレバ刺しですね。好き嫌いが分かれそう。友達の一人は煮た方が好き、といってました。そのほか作ってくれたのは、身とナンコツのから揚げ湯引きした胃袋とワケギのぬた、そして味噌汁代わりのあんこう鍋!! ところで今回デジカメを忘れたので携帯画像でスミマセン。。。(*そういえば前回ご一緒したLunitaさんもデジカメ忘れたっけ。【河童】に来るときは興奮してしまい、デジカメ忘れの傾向がある!?(笑)) 
kappa9kappa5 もちろんあんこう料理はコースの一部。そのほかミシマオコゼのお造り、地だこ刺身、しめ鯖、タコの卵の煮物、タイラ貝とイカのサラダ、鯖寿司・・・などなどいーーっぱいいただきました〜♪特に、デリケートすぎて市場には出回らないというレアな素材、タコの卵の煮物(左の写真)はおいしかったー!柔らかくて甘い不思議な食感です。さらに、ふろふき大根やぜんまいの煮物など野菜料理もいろいろ。最後のキンカンの甘煮まで堪能して3500円! 動けなくなるほど、旬の魚と野菜を堪能しました〜(・∀・)

■この記事の翌週も、また【河童】に行きました(^^;)
その食べっぷりの詳細は、
おいしい*たのしい湘南生活でどうぞ〜

季節料理・河童