ヒャクタケヒャクタケ2 ■レストラン シェ ヒャクタケ 茅ケ崎市共恵1-1-7 小林ビル2階 :0467−88−2043 OPEN ランチ12:00〜14:00(LO)、ディナー18:00〜24:00(LO) 水曜休
★茅ヶ崎駅南口すぐの場所にオープンした【シェ ヒャクタケ】。行ってみたいと思いながら行けないうちに閉店した藤沢本町の一軒家フレンチのシェフが、ご自分のお名前を冠してオープンしたお店。シェフの百武さんは茅ヶ崎のご出身で、藤沢の店以前は【ザ・ホテル ヨコハマ】や【隠れ里車屋】、鉄人・坂井シェフの店【ラ・ロシェル】で活躍してきた方だそうです。

hyakuatake3hyakutake4hyakutake5さてランチのコースは2200円とフルコース4300円〜の2種。2200円のほうをチョイスしましたが、前菜も2種類から選べるし、メインももちろん魚か肉料理かを選べます。お友達と二人でしたので、それぞれをシェア。前菜は百武シェフお得意の「海の幸とお野菜のゼリー寄せ+バジルの特製ソース」「まぐろとアボカドのタルタル風+和風クリームソース」。共に冷たい前菜でシーフード+野菜。大きなガラスのお皿に彩りも美しく盛られ、生魚好きのおいらは、この段階でうっとり状態。(実はメインより、この前菜のほうがお気に入り♪) 添えられた細身のバゲットは【Pain de NaNosh(パン・ド・ナノシュ)】のものでした。スープは一見、キノコたっぷりのコンソメに見えますが、実はこれ2段になっていて、スープの下半分は、フランス風茶碗蒸し。一緒に混ぜていただくと、クリーミーになってウマウマでした〜。hyakutake6そしてメインディッシュその1は「スズキのブイヤベース風」。かりっと揚げた糸状の人参に隠れてよく分かりませんが、4つのパートからなっていて、下からサフランライス、ラタトゥイユ、スズキのグリル、人参。ソースはオリーブオイルがたっぷりで、パンにたっぷりつけても食べました。メインディッシュその2は「豚フィレのグリーンペッパーソース」。すごく柔らかいフィレに、ややピリッとくるソースがぴったり。これぞフレンチ、という感じ。最後にシメたのは、きめ細かいヴァニラアイスに巨峰のワイン漬けを添えたもの。巨峰って、そのままでもおいしけど、ワインに浅漬けすると、こんなにおいしくなるのね〜と、お友達を目を見張ってしまった。ここにコーヒーか紅茶がつきます。

hyakutake7というわけで、ぜひディナーも♪と期待高まるランチ。ちなみにディナーは、お試しプティデイナーコース(3150円)と、おまかせコース(6000円〜)がありました。もちろんアラカルトもOK。9時半とか10時閉店のレストランがほとんどのこの辺りでは珍しく、12時LOのお店ですので、遅めの夕食にも立ち寄れるのが嬉しいですね。

シェ ヒャクタケ